デジタルコーンペネトロメーター KS-221 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

デジタルコーンペネトロメーター KS-221(関西機器製作所):貫入試験機:岩盤・地盤調査試験機

業界初!デジタルコーンペネトロメーター誕生!
qc値(コーン指数)自動計算可能!
NETIS登録番号:KK-180022-A

KS-221は貫入荷重の計測にロードセルを使用しており、デジタル表示で貫入荷重値が読み取れます。その為、較正値による計算をする必要がなく、計測精度も±1%を十分に確保しています。
また、従来のアナログ荷重計ではダイヤルゲージの針の飛びや揺れなどで正確な測定が困難でしたが、本製品はデジタル表示を読むだけなので、個人の読み取り誤差なく簡単正確に測定できます。

機種名 デジタルコーンペネトロメーター
型番 KS-221
メーカー名 関西機器製作所
デジタルコーンペネトロメーター KS-221

特長

貫入作業者が読み取れます

表示・操作パネルは荷重計上面にあり、貫入作業者が数値の読み取りやゼロ設定作業をすることができます。
数値表示には液晶パネルを仕様しており、直射日光下でも用意に数値が読み取れます。

偏荷重に強い

従来の力計では両手にて均等に力を掛けないと偏荷重が生じて正確な計測ができませんでしたが、本製品では偏荷重の掛からない構造を採用しており、より正確な計測ができます。


耐久性の向上

計測部は、最大荷重の1000Nに対して許容荷重200%、限界荷重300%の耐久性を持つロードセルを仕様しており、衝撃や過負荷に強い構造になっております。
従来のアナログ荷重計では仕様されているダイヤルゲージの衝撃や過負荷による破損が頻発していましたが本製品ではその故障原因を解消しており、修理に掛かるコストを抑えられます。

防水性能

本製品はIP64相当の防水性能を有しており、多少の降雨でも貫入試験をすることが可能です。


電源

現場で容易に入手可能な単4アルカリ乾電池2本による電池駆動タイプです。電池寿命は連続店頭3000時間で便利で経済的です。


よくある質問

貫入力の算出にはコーンの質量やロッドの質量が必要なようですが、 取扱説明書に質量の記載がありません。 どのように算出すればいいですか?

コーンやロッドの質量は、実際に使用したものをお客様自身で計っていただくのが望ましいです。
現場で質量測定ができない場合はご相談くださいませ。


qc値自動計算が可能

デジタルコーンペネトロメーターに新機能搭載!
qc値(コーン指数)計算ソフト登場!

qc値計算を簡単にしたい!という現場の声から生まれました。

デジタルコーンペネトロメーターで測定した貫入抵抗値、試験条件を入力するだけでqc値が自動計算されます。

試験機本体のQRコードをスマートフォンで読み込んで専用ページにアクセス!
※読み取りには専用の無料アプリをダウンロードしてください。
「QRコード 読み取り」で検索


仕様

型式 KS-221
最大荷重 1000N
最小表示 1N
液晶表示 文字高 12.7mm
電源 単4アルカリ乾電池×2
電池寿命 連続点灯3000時間
質量 2.7kg
外形寸法 W440×H105×D83

構成品

標準構成品 本体(単4電池×2内蔵)、先端コーン(大)、先端コーン(小)、片口スパナ(大)、片口スパナ(小)×2、先端ロッド、貫入ロッド×9、アタッチメント(本体付)、ロッド収納袋、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)