アスファルト密度計 PAB-1-2 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

アスファルト密度計 PAB-1-2:現場密度測定器:岩盤・地盤調査試験機

ついに取扱い開始!
舗装厚10〜100mmのアスファルト舗装密度を、非破壊で迅速に測定します。

PAB-1-2は、アスファルト舗装の密度と誘電率の相関関係を利用しています。
電磁波は、本体のセンサープレートからアスファルト内を透過します。その際に誘電率が測定され、アスファルトの密度が自動で計算されます。
舗装合材の品質管理や、締固め管理にご利用ください。

機種名 アスファルト密度計
型番 PAB-1-2
メーカー名 INTERPRIBOR
アスファルト密度計 PAB-1-2new

特長

  • タッチパネルで簡単操作!
  • 放射線不使用!資格・免許不要で安全!
  • 電磁波で測定
  • 舗装厚10〜100mmのアスファルト舗装密度を測定可能
  • 長時間の電池持ちを実現!※バックライト30%の場合、45時間使用可能(充電時間:約5時間)
  • 従来製品よりもコンパクト・軽量!(本体重量:約2.1kg、寸法:約270×230×100mm)
  • 非破壊で、わずか数秒で正確な測定値を取得可能

測定項目

  • アスファルト舗装密度(kg/m3、g/m3、t/m3
  • 表面温度(C°、F°)
  • 圧縮強度も計算可能

画面例

測定画面 再生画面
測定画面 再生画面

仕様

保存メモリー 1,000メモリー
測定時間 5〜30秒
密度測定範囲 2,0〜2,7g/m3
密度測定精度 ±2.5%
温度測定範囲 -10 〜 + 140℃
温度測定精度 ±3℃
電力 (バッテリー) 3.7〜0.5V
適合 FCC、RSS、RoHS、CE
寸法 約270×230×100mm(本体)、約400×320×170mm(ケース)

構成品

標準構成品 本体、ACアダプタ、USBケーブル、通信ソフト、取扱説明書(CD-R)、収納ケース

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)