簡易型RI水分計 WARP レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

簡易型RI水分計 WARP(ソイルアンドロックエンジニアリング):RI測定器:岩盤・地盤調査試験機

簡易型RI水分計「WARP」(ワープ)は、盛土の情報化施工において必要とされる、「盛土材料の含水比が所定の締固め度が得られる範囲であることを確認する」作業を、手軽、迅速かつ正確に測定するための表面型RI水分計です。

機種名 簡易型RI水分計
型番 WARP
メーカー名 ソイルアンドロックエンジニアリング //

※材料土の物性(含水比・粒度等)により計測可否の判断をさせていただきますので、事前にお問い合わせください。

簡易型RI水分計 WARP

RI測定器のよくある質問はこちら

特長

小型軽量
従来型のRI密度水分計に比べ、小型軽量で取扱が容易です。
迅速
現場、現地で含水比が迅速に確認できる。繰り返し測定も楽にできます。
対応
含水比40%程度までの土質材料に対応しています。
簡略化
従来型のRI密度水分計で必要であった標準計測が省略されており、測定作業が大幅に簡略化されています。
労力低減
線源深さを6cm(従来型のRI密度水分計は20cm)とし、孔あけ作業の労力を低減。
測定データ
測定データは本体内部メモリに保存され、本体キー操作にて閲覧できます。本体内部メモリのデータは、本体側面のUSBポートを介してUSBメモリに転送できます。

操作手順

  1. @ BG測定(バックグラウンド測定)線源棒は20m以上離してください。
     線源棒を紛失しないように注意してください。
  2. A 測定面、整地 測定器接地面を平坦に均してください。
  3. 簡易型RI水分計 WARP
  4. B 線源棒差し込み穴削孔 付属の打ち込み棒、ハンマーを利用してください。
  5. 簡易型RI水分計 WARP簡易型RI水分計 WARP
  6. C 測定器据付 測定器の底面が測定面の地盤と密着するようにしてください。
  7. 簡易型RI水分計 WARP
  8. D 線源棒取り付け
  9. 簡易型RI水分計 WARP
  10. E 測定開始
  11. F データ確認
  12. G 測定期撤去

※他の場所で測定する場合は、A〜Gを繰り返します。
この測定により含水比(%)が得られます。

仕様

測定方式 密度:ガンマ線透過型
水分:中性子錯乱型
検出器 GM計数管
3He比例計数管
線源 137Cs3.7MBq(ステンレスカプセル密封)
252Cf1.1 MBq(ステンレスカプセル密封)
測定範囲 含水比:0〜40(%)
線源深さ 6cm
測定時間 標準1分間(任意で1〜9分間で設定変更可)
使用温度 0〜50℃(ただし結露なきこと)
表示 液晶デジタル表示(115 × 86mm)
記録 本体内部メモリに900店分の保存が可
(本体USBポートのUSBメモリに転送)
8GBのUSBメモリ1個付属
電源 リチウムイオン電池
本体寸法 246W × 197D × 105H (mm)
取手及び線源棒ガイド部除く
本体重量 3.5(kg)

構成品

標準構成品 本体、取扱説明書

※材料土の物性(含水比・粒度等)により計測可否の判断をさせていただきますので、事前にお問い合わせください。


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


岩盤・地盤調査試験機の関連商品はこちら

日本道路公団認定器のRI計器水分密度測定器 ETL-10EX(オーテック環境)。

デジタルQティルト-200 Model-4440(応用地質)は、高精度のデジタル出力型の孔内傾斜計。

ダンプ・トラックなどの反力が要らない、衝撃加速度を利用した簡易支持力測定器 キャスポル MIS-244-0-62(マルイ)

土木研究所が斜面調査用に小型軽量化した土研式貫入試験器 S-213(西日本試験機)

岩盤の強度や変形係数・静弾性係数・乾燥一軸圧縮強度を推定するシュミットロックハンマー KS型(プロセク)