圧力画像解析システム FPD-8010J レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

圧力画像解析システム FPD-8010J(富士フィルム):画像処理機器:設備・品質検査機器

世界で唯一の圧力測定フィルム。目に見えなかった圧力のバランス、分布、大きさなどを解析システムを使ってデジタル化、数値データへ変換。多様な圧力分析が可能です。

プレスケールやプレシートで得た加圧発色サンプルをより精密に多角的に圧力解析を可能にするシステムです。圧力の視覚化と解析をパソコン上で実現し、さまざまな製品の開発、設計、生産設備の改良、メンテナンスなどその応用は無限です。

機種名 圧力画像解析システム
型番 FPD-8010J
メーカー名 富士フィルム
圧力画像解析システム FPD-8010J

特長

  • 解析:発色濃度の分解精度をアップでき、目視判断できない箇所の解析が可能
  • 基準化:社内検査基準の設定が可能
  • 共有化:解析結果の共有化を実現
  • データ保存:デジタル化により、過去のデータとの比較が可能

システムの使用方法

システムの使用方法

測定条件の選択

測定条件の選択

新規作成画面より、必要事項(温度・湿度・解像度・圧力種)を選択します。


参考画像:チャート表

チャート表

チャート表同様、プレスケール使用環境時の温度・湿度に合わせた補正を自動でソフト上にて行います。


測定方法

圧力測定結果補足

全体測定 部分測定 ピンポイント測定
測定項目画面にて、全体の測定値を出すことが出来ます。 四角枠・円形枠・自由枠で指定した部分の測定データを表示します。 任意に指定した1箇所の圧力値を表示します。
領域サイズは最小0.125mm角より選択が可能です。
全体測定 部分測定 ピンポイント測定
圧力有効率(%) 該当プレスケールの圧力検出範囲に入っている割合であり圧力バーの赤・黄色・緑色に再現された合計面積における赤部分の割合(黄色は上限を超えた部分、緑色は下限未満の部分)
加圧面積(mm2) 発色した面積
平均圧力(MPa) 発色した領域の平均圧力
最大圧力(MPa) 発色した領域の最大圧力
荷重(N) 発色した領域の荷重値で、加圧面積と平均圧力の積
測定面積(mm2) 領域指定され、処理の対象となっている領域の面積を表示します

圧力カバー設定

基本2階調 色別表示
特定の圧力帯のみ色を強調する事により、見たい圧力帯の分布を見やすくすることが出来ます。 圧力表示を冷調〜温調の色別で表示します。
※圧力バーの色は自由に設定が可能です。
基本2階調 色別表示

基本分布図(詳細) 圧力断面図 圧力分割図
基本分布図に水平、垂直方向の荷重値のグラフも併せて表示します。 任意の点を指定することで、その点からX軸・Y軸断面での圧力分布のグラフが表示されます。 任意の点を指定することで、その点を中心とした上下・左右での加圧面積・最大圧力・平均圧力が表示されます。
基本分布図 圧力断面図 圧力分割図

データエクスポート機能

指定エリア内の圧力データをテキストファイルとして出力できる機能です。最小で0.125mm角でセルごとに数値化する事で、より詳細な分析を可能にします。さらにExcelを使用し以下のようなグラフを作成することで、分かりやすく分布を見る事が出来ます。

データエクスポート機能

CSVファイル出力画面

測定画面・測定結果を印刷する事が出来ます。

CSVファイル出力画面

3D解析ソフトウェア

3D解析ソフトウェアを用いることで、画像解析をより分かりやすくする事が出来ます。

ワイヤーフレーム 断面計測
ワイヤーフレーム 断面計測

解析結果一例

測定した結果をExcelに保存することで、データの蓄積-共有化が図れ、資料として活用出来ます。
※Microsoft Office Excelは、米国マイクロソフト社の登録商標です。

解析結果一例

プレスケールについて

プレスケールとは

プレスケールは、世界で唯一、圧力および圧力分布を測定できるフィルムです。加圧箇所が圧力に応じて赤く発色するので、圧力の大きさや圧力バランスを確認することができます。また、プレスケール目視だけでなく、FPD-8010Jを使用することで、デジタル化してPCで数値、解析することも可能です。

誰でも簡単に圧力測定が可能。プレスケールを測定面に挟み込むだけ

簡単に圧力測定が可能

加圧された箇所が圧力に応じた濃度で赤く発色するので圧力の大きさを目視で確認することができます。また、専用スキャナで読み取ることで定量的な圧力マップを解析することが可能です。


簡単に目視確認
色の濃度で圧力を確認できます。1箇所の圧力だけではなく、その分布まで測定可能です。
簡単な操作
電源は不要です。また、測定に必要な形にも切り取って合わせることが可能です。
簡単にデジタル化
デジタル化し、圧力分布を定量的な圧力値に変換することが可能です。
高品質
試し打ちや実際の生産結果から圧力状態を予測する方法に比べ、プレスケールの圧力測定で、より正確な機械のセッティングや調整が行なえます。
高生産性
測定結果を基に行えるため、機械/装置のセッティングや調整さらには生産品の切り替えなどにかかる時間を短縮でき、不良率も低減できます。
トラブル対応
不良が発生した際にも、まずはプレスケールで圧力を測って機械/装置の状態をチェック。素早く原因の究明を行なうことができます。

プレスケールの種類と発色原理

プレスケール、プレシートの2種類を販売しております。プレスケールはロールタイプ、プレシートはカットされたシートタイプとなっています。2つに性能の違いはありません。お客様の環境に合わせて、どれぐらいのサイズ・量が必要かご検討ください。
<ご注意ください>
プレシート・プレスケールは、構成品には含まれません。弊社スタッフまでお申し付けください。

プレスケール プレシート
プレスケール プレシート
加圧した所が赤く発色するフィルム。平面全体の圧力のバランス、分布、大きさを正確に測定できます。また、ハサミなどで簡単に切ることができ、どのような形(平面)でも測定できるのが特長です。
測定対象のサイズが大きい場合に適しています。
使いやすい大きさにあらかじめプレスケールをカットしたシートタイプ。
測定対象のサイズが比較的小さい場合や、少量で試されたい場合に適しています。
プレスケール プレシート

プレスケールの種類

測定対象物によって、選定するプレスケールの種類が異なります。

ツーシートタイプ

微圧用、極超低圧用、超低圧用、低圧用、中圧用の5タイプ

測定条件の選択

ツーシートタイプはAフィルムとCフィルムの2種類から構成されています。

  • Aフィルム:支持体(PETベース)に発色剤(マイクロカプセル)を塗布
  • Cフィルム:支持体(PETベース)に顕色剤を塗布

各フィルムの発色剤と顕色剤の塗布面を合わせて使用。圧力により発色剤層のマイクロカプセルが破壊され、中の発色剤が顕色剤に吸着して反応、赤く発色します。


モノシートタイプ

中圧用、高圧用、超高圧用の3タイプ

測定条件の選択

一枚のフィルムだけで測定できます。
支持体(PETベース)の同一面上に顕色剤と発色剤(マイクロカプセル)の両方を塗布圧力により、発色剤層のマイクロカプセルが破壊され、中の発色剤が顕色剤に吸着して反応、赤く発色します。


使用方法

プレスケールは、発色剤層のマイクロカプセルと顕色剤により、圧力のかかった部分が赤く発色します。油や水から遮断してお使いください。

圧力の測定方法
必要な形に切り取ります 測定箇所に挟み込みます 加圧します デジタル化もしくは、目視で判断 デジタル化をして判断する場合
プレスケールを測定に必要な形に切り取ります。 切り取ったプレスケールを測定箇所に挟み込みます。 加圧します。 プレスケールを取り出し、圧力と圧力分布をデジタル化もしくは、目視で判断します。 目視で判断する場合
デジタル化をして判断する場合
専用スキャナを使用 専用スキャナを使ってプレスケールの発色部分を読み取ります。

付属の解析ソフトを使って分析専用スキャナを使ってプレスケールの発色部分を読み取ります。
目視で判断する場合
プレスケールは、標準チャートと合わせて使用すると、目視判断が可能になります。各製品の標準チャートを見ることにより、プレスケールの赤色の濃度から圧力値を判断することができます。
標準色見本から濃度の目視判断が可能標準色見本から濃度の目視判断が可能

標準チャート標準チャート

参考動画

よくある質問

プレスケールは1回で使い切りでしょうか?

1回で使い捨てです。 
1度使うと色が変わって再使用できないためです。


一回の測定にはどのくらいの時間がかかりますか?

約1分程度あれば、測定は完了します。


仕様

本体

適用プレスケール プレスケール全7品種とプレシート全6品種
主な機能 プレスケール画像解析機能
圧力解析・圧力データ出力機能・3D解析機能・極座標解析機能、部分拡大機能、長尺合成機能
読み取りサイズ 適用スキャナーに準ずる
最大読み取り回数 縦3回×横5回
読み取り解像度 0.125、0.25、0.5、1、2mm角

ソフトウェア推奨環境

OS Windows® 7(32bit/64bit)
Windows® 8/8.1(32bit/64bit)
CPU 2GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD 2GB以上の空容量
ディスプレイ 1024×768 6万色以上の表示
動作確認スキャナ
適用スキャナ エプソン製 A4スキャナー GT-F740

プレスケール(モノシートタイプ / ツーシートタイプ) 販売品

精度 ±10%以下(23℃/65%RH時の温度測定にて)
使用推奨湿度 35%RH〜80%RH
※超高圧用(HHS)は35%RH〜70%RH
使用推奨温度 20℃〜35℃
※超高圧用(HHS)は15℃〜30℃
厚さ モノシートタイプ 約110μ
ツーシートタイプ Aフィルム 約90mμ
※タイプによって厚さが異なります。
Cフィルム

構成品

標準構成品 PC(ACアダプタセット)、圧力画像解析ソフト(PC内インストール済 Ver1.4 )、スキャナー(GT-F740)、キャリブレーションシート(カバー付)、専用カバー(スポンジ付)、スキャナー用ACアダプタ、USBケーブル(PC〜スキャナー)、スキャナー用ソフト(CD-R
PCインストール済 Ver1.6)、インストールマニュアル(解析ソフト・スキャナー)、取扱説明書(PCデスクトップ FPD8010J)、収納ケース

※プレシート・プレスケールは、構成品には含まれません。弊社スタッフまでお申し付けください。

販売品

販売品 シート 種類 圧力 サイズ(幅×長さ) 測定範囲
プレシート
※シートは使い捨てです
モノシート 中圧用(MS) 270mm × 200mm 10〜 50Mpa
高圧用(HS) 270mm × 200mm 50〜130Mpa
超高圧用(HHS) 270mm × 200mm 130〜300Mpa
ツーシート 極超低圧用(LLLW) 270mm × 200mm 0.2〜 0.6Mpa
超低圧用(LLW) 270mm × 200mm 0.5〜 2.5Mpa
低圧用(LW) 270mm × 200mm 2.5〜10 Mpa
プレスケール
※シートは使い捨てです
モノシート 中圧用(MS) 270mm×10m 10〜 50Mpa
高圧用(HS) 270mm×10m 50〜130Mpa
超高圧用(HHS) 270mm×10m 130〜300Mpa
ツーシート 極超低圧用(LLLW) 270mm× 4m 0.2〜 0.6Mpa
超低圧用(LLW) 270mm× 5m 0.5〜 2.5Mpa
低圧用(LW) 270mm×10m 2.5〜10 Mpa
中圧用(MW) 270mm×10m 10 〜50 Mpa


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ設備・品質検査機器のレンタル商品

超音波ボルト軸力計 BOLT-MAXII
超音波ボルト軸力計
BOLT-MAXII

測定範囲は、径M5以上、全長12〜2,440mmのボルト

UCI式硬さ計 MIC10DL/205AL
UCI式硬さ計
MIC10DL/205AL

簡単、便利な硬さ計
あらゆる場所で素早く測定

クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
最大4回路のデマンドと高調波を同時測定

表面温度計 HD-1500E
表面温度計
HD-1500E

温度測定値表示と測定値メモリー機能付きモデル

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト