音波式ベルト張力計 U-507D レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

音波式ベルト張力計 U-507D(ゲイツ・ユニッタ・アジア):設備・品質検査機器:テンションメーター

誰にでも簡単かつ正確に測定できるベルトテンションメーター

U-507Dは音波式ベルト張力計です。ベルトから発生させた音波(自然周波数)をセンサがとらえ、それを高機能コンピュータで処理。ベルト張力を正確にデジタル表示します。
また、USBケーブルでPCと接続でき、張力値のデータ処理が可能です。

機種名 音波式ベルト張力計
型番 U-507D
メーカー名 ゲイツ・ユニッタ・アジア
音波式ベルト張力計 U-507D

特長

マイクロコンピュータを駆使した振動周波数を捕える独自のデータ処理の開発によって墓本波形の周期を捕えることを実現。プログラムに組み込まれた演算式により正確な張力値を表示します。 [特許:No.1931781]

  • USBケーブルとパソコンとの接続により測定結果をパソコン上に表示可能です。
  • 測定したデータをパソコンで加工処理することが可能です。
  • グラフィック液晶により、大幅な情報量を表示。
  • バックライト搭載により、暗い場所での作業も可能。
  • タイミングベルトの単位質量値をプリインストール済み。
  • マイク性能が向上。
  • 測定周波数エリアが拡大。
  • データセレクタ機能を充実。

新機能


オートゲイン調整による暗騒音の自動キャンセル

電源入力後から“MEASURE”ボタンを押すまでの間、回りの騒音環境を測定し、目動的にマイクの感度を調整。“MEASURE”ボタンを押すことでマイク感度が固定されます。

狭小スペースでの測定に対応

センサ部(マイクロホン)を極小の単マイクとし、狭小スペースでも容易に測定可能です。

携帯しやすい軽量・コンパクト設計

持ちやすい軽量・コンパクト設計で、乾電池のみの使用。様々な現場や客先での張力測定が可能で、機器のメンテナンスなどに威力を発揮します。

各部説明

よくある質問

測定可能張力の上限はありますか?

張力値(N)は換算で出される数値となっており、発生させた音波(自然周波数)の測定範囲に準じる形となります。 
ただし張力値(N)の表示範囲は0.01〜99900となっております。。


対象物が止まってても測定可能ですか? 

「静止中」のベルトを「振動させて」測定する機器です。 
静止させてからベルトを弾いて振動させれば測定できます。


仕様

計測範囲 Low:10〜50Hz
STANDARD:10〜600Hz
HIGH:500〜5000Hz
測定範囲 99900まで表示
電源 アルカリ乾電池(単4形×2本)
外形寸法 幅59mm×厚26mm×高160mm
質量 120g

構成品

標準構成品 本体(単4電池×2)、本体ソフトケース、フレキアーム式マイク、コード式マイク、USBケーブル、収納ケース、取扱説明書×2(本体用・データ通信用)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ設備・品質検査機器のレンタル商品

超音波ボルト軸力計 BOLT-MAXII
超音波ボルト軸力計
BOLT-MAXII

測定範囲は、径M5以上、全長12〜2,440mmのボルト

UCI式硬さ計 MIC10DL/205AL
UCI式硬さ計
MIC10DL/205AL

簡単、便利な硬さ計
あらゆる場所で素早く測定

クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
クランプオンパワーハイテスタ 3169-01
最大4回路のデマンドと高調波を同時測定

表面温度計 HD-1500E
表面温度計
HD-1500E

温度測定値表示と測定値メモリー機能付きモデル