角度の単位

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

角度の単位

角度の単位は、大きくわけて度数法(°)、弧度法(ラジアンradian)、勾配があります。

度数法

これは円を中心から360等分した時、その等分された中心の角度を1度とするものです。度数法の中にも表記の仕方が複数あり、60進法を使い、1° = 60′(分)、1′ = 60″(秒) とするもの、円周を400等分したグラード、円周を6400等分したミルなどがあります。測量機では基本的に○○°××′△△″というように60進法を用いて角度を表記することが多いです。セオドライトやトータルステーションは基本的に度数法で表記されています。機種によっては後述する勾配表記ができるものもあります。

弧度法

単位はラジアンですが、省略されることが多いです。
角度は弧の長さに比例するという考えをもとにθ=(弧の長さ)÷(半径の長さ)で表します。

弧度法

勾配

勾配は水平方向に100m進んだ時の高さの割合で考えます。勾配10%の坂道だと、水平方向に100mの距離に対しに高さが10m変化する坂道となります。

勾配

勾配100%の坂道では、水平方向に100mの距離に対し高さが100m変化する坂道で、図形でいうと下のような二等辺三角形のようになります。勾配は配管やトンネルを作る際に用いられることが多いです。

勾配 二等辺三角形

測量機の一覧はこちら

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加