ジューテンダー CIFD-4 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ジューテンダー CIFD-4(曙ブレーキ工業):コンクリート充填検知システム:生コン試験機

型枠内などへのコンクリート、グラウトなどの振動締め固め状況と充填状況を検知するシステムを搭載。充填確認とともに振動加速度を測定し、締固めの程度の判定が可能!
NETIS番号:KT-090011-VE

本体の液晶画面上で締固め、充填状況をリアルタイムに検知できます。 打ち上がり時間および締固め、充填状況を本体およびパソコンに記録することができ、コンクリート打設管理ができます。

機種名 ジューテンダー
型番 CIFD-4
メーカー名 曙ブレーキ工業
ジューテンダー CIFD-4
トンネル工事現場でつかうなら
同時に鉄筋探査機もお探しではありませんか?
電磁波レーダ法に関する機器はこちら
ジューテンダー CIFD-4

特長

  • 従来の振動デバイスでコンクリートの充填と締固めの程度の両方を検知。
  • 検知したい締固めの程度 *注1 はお客様にて設定可能。(設定された振動加速度閾値を設定された時間だけ超えた場合、画面上に表示)
  • 校正用のセンサーや校正コンクリートが必要なく、一つの振動デバイスで空気、不完全な状態(水)、コンクリートの識別が可能。
  • 振動デバイスは小型、薄型であるので狭い隙間の充填検知が可能。
  • 充填状況はリアルタイムで液晶画面の色の違いでわかりやすく表示し、打ち上がり時間などの記録も可能。
  • 振動デバイスのケーブルは延長(約50m)可能なため高所や離れた場所でも検知可能。

※1 本システムは締固めの際のバイブレータの振動を検知するもので、締固めされたコンクリートの強度を保証するものではありません。また、検知される振動の値は目安であり、バイブレータのかけ忘れ防止などにご利用いただけます。締固め状況の最終確認はお客様ご自身にて、ご確認くださいますようお願いいたします。

画面表示

振動デバイスに空気、不完全な充填(ブリージング水など)、コンクリートが接触することにより、振動デバイスのピーク出力が変化し、そのデータを本体のマイコン処理によって液晶画面に色分けして表示します。
また、締め固めの際のバイブレータの振動を検知する機能がCIFD-4から実装されました。(液晶画面●部分)

液晶表示イメージ

用途

  • 目視が困難な箇所へ打設されたコンクリートの充填および締固め程度の確認
  • 鉄筋や鋼材が過密に設置された構造物に打設されたコンクリートの充填及び締固め程度の確認
  • 高流動コンクリートの流動状況確認(充填時間の確認)

仕様

検知方式 振動デバイスによる周波数特性検出方式
識別能力 空気、水(ブリーヂング水)、コンクリート(モルタル)
各種グラウト:お問い合わせください
締固め振動検知範囲 4.8m/S2〜150m/S2
※参考値:振動デバイスへのコンクリートのコンクリートの接触状況により変化します。
測定チャンネル 16ch
表示 LCDモニターによるカラー表示
計測時間 1chあたり約0.5秒
振動デバイスケーブル長さ 標準:5m
専用の振動デバイス延長ケーブル(CVD-01)にて50mまで可能
振動デバイス耐圧 0.3MPa(破壊限界)
日付機能 内蔵時計による 年/月/時/分/秒
記録イベント数 約400イベント
使用温湿度範囲 0〜40℃、5〜85%(結露なきこと)
保存温湿度範囲 0〜40℃、5〜85%(結露なきこと)
電源 AC90〜110V(内蔵時計はバックアップ電池内蔵)
消費電力 約25VA
外形 280×200×110mm(突起物を除く)
重量 2.8kg

構成品

標準構成品 本体(CIFD-4)、ターミナルボックス(TCIFD-01)、ターミナル接続ケーブル(CT-01)、電源ケーブル(CPS-01)、パソコン接続ケーブル(CPC-01)、USBシリアルケーブル、USBシリアルドライバ(CD)、データ転送ソフト(CD)、液晶画面保護板、振動デバイス、収納ケース、取扱説明書
販売消耗品 振動デバイス(ケーブル長20m/5m)、延長ケーブル200m

※Windows Vistaまで対応しています。

よくある質問

CIFD-3とCIFD-4の違いは何ですか? 

CIFD-4は後継機種であり、振動検知機能が付いています。 
両機種ともNETIS登録商品です。


エアミルクやエアモルタルの充填度合いを調べることはできますか?

測定には向きません。これらの材料はコンクリートの比重が軽いため、測定時に水とみなされてしまう可能性があり、ジューテンダーは一般的な土木建築や現場でのコンクリートを対象としているからです。

ちなみにモルタル(セメント・原料土・水を練り混ぜた物)に発泡させた気泡を混入し作られた材料をエアモルタル、原料土を使用しない気泡コンクリートをエアミルクと呼びます。


データの保存はどのようにされますか?

手動保存と自動保存の2パターンございます。
自動保存を設定していただくと、測定状況が変化するたびに保存されます。
また、注意点としてはこちらの機材の最大データ保存数は400データとなっております。


振動デバイスをコンクリートの型枠に設置した場合、型を抜いた後に振動デバイスの痕がコンクリートに残ってしまうと思いますが大丈夫ですか?

痕がつかないようにするためには、セッティングの時にそろえるか又は型枠を外した後にコンクリートで修正するかといった工夫が必要です。 


振動デバイスはコンクリートの充填後、切断することになると思いますがそのままでも大丈夫ですか?

大丈夫です。しかし、念のためにケーブル切断部位を若干堀り、コンクリートを埋めて雨水侵入防止するという方もおられます。


ソフトに対応しているOSを教えてください。

WindowsXP、Windows7までの対応となります。
※Windows8以降は対応していません。


測定結果はどのようにして表示されますか?

空気、水(ブリーヂング水)、コンクリート(モルタル)が色別の棒グラフのような状態で表示されます。 下記の画像例のように、コンクリートの状態が分かるようになっております。

判定バー凡例

保存数は最大で400件となっていますが、複数チャンネル使用しても同様でしょうか? 

1回のデータ保存の度に1件とカウントされます。


振動デバイスと延長ケーブルの接続方法を教えてください。

基本的には、圧着でつなげていただくことになります。接続部は、水分を吸収する可能性がありますので、ビニールを巻いていただく等、水分が付着しないようにしていただきたいです。



Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)