連続RIコンクリート水分計 COARA レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

連続RIコンクリート水分計 COARA(ソイルアンドロックエンジニアリング):生コン水分計:生コン試験機

コンクリート構造物の耐久性に大きな影響を及ぼす単位水量を、実際に使用されるコンクリート全量に対して測定・管理することが出来ます。これにより、コンクリート構造物の品質、特に耐久性を確保することができます。その測定原理は、水分量と関係する中性子線の透過量と、密度と関係するγ線の透過量を検出し、校正式に基づいて水分量および密度を算出し、その他物性値を用いて、最終的にコンクリートの単位水量を算定します(水分量や圧送圧力で、コンクリート密度が変化するため、密度の測定を同時に行う必要があります)。

機種名 連続RIコンクリート水分計
型番 COARA
メーカー名 ソイルアンドロックエンジニアリング
連続RIコンクリート水分計 COARA

特長

  • 全量測定(測定対象はポンプ配管を通過したコンクリート全量)
  • 連続測定、リアルタイム結果出力
  • 打設時間記録、作業管理容易
  • 簡単操作

概要・原理

連続RIコンクリート水分計 COARA 概要 原理
  • 微弱な放射性同位元素(RI)を用いた測定器です。
  • 検出部では中性子およびγ線の数に対応する電気信号を処理します。
  • 処理部では検出部からの電気信号を校正式を介して単位水量に変換します。
連続RIコンクリート水分計 COARA 原理 グラフ
  • 線源から放出された放射線(中性子線及びY線)のうち、コンクリート中の水素原子および電子によって減衰されることなく検出部へ透過してくる放射線を検出します。

測定結果の一例

連続RIコンクリート水分計 COARA 測定結果の一例 グラフ

現場測定

連続RIコンクリート水分計 COARA 現場測定 グラフ

単位水量変化(加水)に対する測定器値の追従性の確認

連続RIコンクリート水分計 COARA 単位水量変化(加水)に対する測定器値の追従性の確認

現場運用

連続RIコンクリート水分計 COARA 現場運用

システム運用の今後

連続RIコンクリート水分計 COARA システム運用の今後

よくある質問

設置にはどれくらい時間がかかりますか?

初めてご使用される場合は約20〜30分程かかります。
慣れると15分ほどで設置が可能です。


仕様

測定方式 密度計 ガンマ線透過型
水分計 速中性子線透過型
測定項目 密度計 単位容積質量(密度)UW(kg/m3
水分計 等価水分量WT(kg/m3)(単位水量W(kg/m3))
校正範囲(標準) 密度計 UW=1500〜2500(kg/m3
水分計 WT=350〜750(kg/m3) (W=100〜250(kg/m3))
測定パイプ(標準) 5インチパイプ(125A)
測定時間 任意設定
電源 AC100V±10%
大きさ・重さ 密度計  380 (W)×230 (D)×430 (H)mm  約15kg
水分計  520 (W)×270 (D)×430 (H)mm  約21kg
スケーラ 280 (W)×210 (D)×100 (H)mm  約3kg

 

構成品

標準構成品 密度計センサー部、密度計線源部、水分計センサー部、水分計線源部、スケーラ、ケーブル類、パソコン

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)