コンクリート養生パック MR204C-M1 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

コンクリート養生パック MR204C-M1(チノー):温湿度計測:生コン試験機

コンクリート養生温度管理に!(外部メモリー仕様)

コンクリート養生パックMR2041シリーズは、温度、直流電圧・電流データを収録する手のひらサイズのロガーです。マルチメディアカードを利用して最大5百万データを保存できる機種も用意しています。乾電池でも動作しますので、電源のない場所でも手軽にデータ収録できます。専用ソフトを使用してパソコンで収録データおよび設定条件の読み込み、書き出しおよび保存ができます。

機種名 コンクリート養生パック
型番 MR204C-M1
メーカー名 チノー

類似機種
ハンディロガー MR2041-MU

コンクリート養生パック MR204C-M1

特長

近年、土木・建設業界では、建造物の耐久性を重要視する傾向があります。
特に冬場は、コンクリートの初期凍害による強度低下に注意を払う必要があり、コンクリート打設時の温度データ収録、管理を徹底しているようです。

熱電対(販売品)

レックスでの取り扱い商品が増えました。(2016/6/2現在)
下記商品以外に関しては、別途ご相談ください。

熱電対(PVC)

熱電対

測定範囲:-20℃〜90℃
長さ:100m
仕様はコチラ


熱電対(テフロン)

熱電対

測定範囲:-20℃〜200℃
長さ:100m
仕様はコチラ


シース熱電対 + 接続ケーブル

熱電対

測定範囲:-200℃〜300℃
※液体の温度測定が可能
仕様はコチラ


参考動画

REXのYoutubeへ

パソコン構成例

本体とパソコン

本体とパソコン

外部メモリーとパソコン

外部メモリーとパソコン

徹底した温度管理で凍害による強度低下を防ぐ!

コンクリート養生パック MR204C-M1

1、電池駆動で収録が可能なため、記録計を使用するよりも設置や回収が容易です。

2、熱電対センサはコンクリートに埋設した部分を切断し、残りは先端を再加工して利用できますので、サーミスタ使用機器よりもランニングコストが低くなります。

3、中継コネクタをお使い頂くことで、毛細管現象による水滴侵入を防ぐことが出来ます。

4、付属の専用ソフトを利用すれば「寒中コンクリート温度管理記録表」が簡単に作成できます。

オススメポイント

コンクリート養生パック MR204C-M1 オススメポイント
  • 中継ケーブルをご使用頂くことで、センサの水の吸上げ(毛細管現象)によるハンディロガー本体の故障を防止することができます。
  • キャリングケースの下部からセンサが出せますので、ケースに入れたまま現場に設置できます。ケースの取っ手部分を足場などに引っ掛けてご使用頂くと便利です。

センサの結線方法

1、別売のセンサ被覆を剥き、先端をねじります。(こちらが測定側になります。)

2、もう片方のセンサ被覆を剥き中継ケーブルリード線の色を確認の上、中継ケーブルのライティングコネクタに接続します。(ワンタッチで接続可能です。)

コンクリート養生パック MR204C-M1 コンクリート養生パック MR204C-M1

寒中コンクリート温度管理記録表

寒中コンクリート温度管理記録表 コンクリート養生パック MR204C-M1


よくある質問

類似機種 ハンディロガーとの違いはなんですか? 

コンクリート養生パックは、コンクリート養生の温度管理に特化した商品で、基本的な性能は同じですが、付属品(専用ソフト・接続部品など)や耐水性が異なります。
ご用途に合わせてお選びください。
ハンディロガーの詳細ページは、コチラから


データはどのように取り出しますか?

データ(*.ML2)の抜き取りは、付属ソフトでしか開けません。 
ソフト上の操作にて、CSV形式への変換が可能です。
※csvに変換すると、ソフトでの閲覧は不可
※レンタル終了後であっても、ソフトをインストールしていれば使用可能。
コチラのメーカーサイトでソフトのダウンロードは可能


アスファルトなど、対象がコンクリートでなくても同じように使用できますか? 

熱電対ですので、液体でなければ測定可能です。


仕様

本体

メモリー仕様 メモリーカード仕様
通信仕様 USB
形式 MR2041-MU
入力点数 4点
入力種類 マルチレンジ 熱電対・・・K、E、J、T
直流電圧・・・0〜5VDC(別売の専用アダプタ使用)
直流電流・・・0〜20mADC(別売の専用アダプタ使用)
測定範囲 熱電対・・・K:−200.0〜1370.0℃、E:−200.0〜 700.0℃、J:−200.0〜 700.0℃、T:−200.0〜 400.0℃
直流電圧・・・0〜5VDC(スケーリング-9999〜9999)
直流電流・・・0〜20mADC(スケーリング-9999〜9999)
※1 測定範囲は熱電対の仕様により異なります。
表示 バックライト付液晶表示、ドットマトリクス128×64ドット(表示エリア41×29mm)
収録データ数 内部メモリー ログモード・・・10000データ/各チャンネル、タグモード・・・5500データ/各チャンネル
外部メモリー マルチメディアカード・・・16MB、32MBおよび64MB使用
メモリー形式・・・MS-DOSファイル形式 FAT12またはFAT16
収録データ数・・・1ファイル当り86,400データ/チャンネル
収録ファイル数・・・最大100ファイル、ただしデータ数の合計が
5百万データまたはファイルサイズの合計が
16MBを超えないこと
収録間隔 1〜30秒(1秒間隔で設定可能)、1分〜24時間(1分間隔で設定可能)
収録方法 外部メモリーのログモードのみ20種のログ条件より選択して収録
電源 単3乾電池×4個、またはAC電源アダプタ(100VAC)
使用温湿度範囲 −10〜50℃、10〜80%RH(ただし、結露しないこと)
外形寸法・質量 W70×H159×D33mm、約320g(乾電池含む)

※1 測定範囲は熱電対の仕様により異なります。
例) T:PVC被覆 / 素線径Φ0.65mmの場合 →測定範囲-20℃〜90℃

熱電対(販売品)

PVC

使用温度範囲 -20℃〜90℃
種類 T
被覆材質 PVC
心線構成 0.65単線(mm)
仕上がり 2.6×4.0

テフロン

使用温度範囲 -20℃〜200℃
種類 T
被覆材質 テフロン
心線構成 0.65単線(mm)
仕上がり 1.5×2.5

シース熱電対

使用温度範囲 -200℃〜300℃
種類 T
シース形式 TMB
シース断面 S(シングル)
シース外径 Φ3.2(曲げ半径はシース外径の2倍以上であること。)
シース測温接点 タイプU(非接地形)
シース材質 316L
シースの長さ 500mm
補償導線長さ 5000mm(延長可)

構成品

標準構成品 ハンディロガー(MR204C-M1)、取付ホルダ、ネジ・ワッシャー×2、ACアダプター/電源コード、電池交換アダプタ、USB通信ケーブル、ソフトウェア(CD-R)、中継ケーブル(MR9406-T)T用4本、コンクリート養成専用ケース、外部メモリ(SDカード32MB)、取扱説明書(本体操作編・本体準備編・データ読取ソフトウェア・コンクリート養成温度管理)、解説、注意文書、ハンディーロガークイックマニュアル

販売品

販売品 熱電対ケーブル100m(100m毎の販売となります。)、熱電対(PVC、テフロン)、シース熱電対、接続ケーブル

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)