電量滴定式全塩分迅速測定器 SALMATE100/H レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

電量滴定式全塩分迅速測定器 SALMATE100/H(中研コンサルタント):生コン塩分濃度計:生コン試験機

フレッシュコンクリート、細骨材、水溶液の塩化物含有量測定と硬化コンクリート中の全塩分量測定(迅速法)が可能!

対話型テンキーデータ入力、漢字プリンタでわかりやすい印字、高濃度測定用にオートレべルを設定、新方式の終点検知で精度向上!

機種名 電量滴定式全塩分迅速測定器
型番 SALMATE100/H
メーカー名 中研コンサルタント
電量滴定式全塩分迅速測定器 SALMATE100/H

特長

電量滴定式だから・・煩雑な操作が不要/妨害イオンの影響を受けにくい/測定時間が短い・・・さらに

  • テンキーによる対話型入力方式の採用により容易にデーター入力ができます。
  • 漢字プリンターの採用により用途に合った測定結果を解りやすく印字できます。
  • 高濃度測定用にオートレベル機能を搭載し、短時間で高濃度試料の測定ができます。
  • 3電源(内部バッテリー、AC100V、DC12V)方式のため屋外での測定も容易にできます

測定原理

0.2mLの試料を入れた酸緩衝液中の電解用銀電極間に一定の電流を流すと銀イオンが溶け出し塩素イオンを瞬時に結合し塩化銀の白色沈殿物を生成します。終点は塩素イオンが無くなり微量の余剰銀イオンの発生を検知用電極で検出します。本機では、測定開始から終点検知までの時間と電流を測定しています。
Ag+Cl-→AgCl
塩素イオン濃度は、電気量(電流×時間)と塩素イオン濃度が比例することを利用し測定します。

硬化コンクリート中の全塩分迅速測定器

全塩分迅速測定法は、高速道路の維持・管理に必要な硬化コンクリート中の全塩分をJIS分析法、JCI分析法とほぼ同等の分析結果を現地で把握することを目的に開発された分析手法です。
※別途試薬が必要です。お問い合わせ時に担当者までお申し付けください。

硬化コンクリート中の全塩分迅速測定器

迅速法の概要

ドリル粉(非粉砕)でのJIS法との比較 コア粉砕粉でのJIS法との比較
ドリル粉(非粉砕)でのJIS法との比較 コア粉砕粉でのJIS法との比較

印字形式

印字例を次に示します。漢字を用いた読みやすい印字となっています。

Cl only(水溶液) 細骨材(NaCl換算)
硬化コンクリート中の塩化物濃度 塩素イオン濃度
フレッシュコンクリート 全塩分迅速法
コンクリート中の塩化物含有量 細骨材中の塩化物量

仕様

測定方法電量滴定法
測定範囲 0.001〜3.000 %(ただし、0.001〜0.01%はサンプル量を増やして測定可能)
測定精度正確度 ±(0.4%/測定値)以内
0.050〜0.700%(Cl- / water 時)
同時再現性 CV±3%以内(0.100%/ water 時)
サンプル量0.2 ml
試料の種類 濾液(フレッシュコンクリート、細骨材、粗骨材、海水など)
測定方法 ピペッタにより検液を計量し、電極を挿入した酸緩衝液内に注入する
応答時間約 30 秒間(0.3%Cl- / water 時)
データ入力 対話型、選択式テンキー入力方法
データ処理 デジタル処理方式
測定モード 100型の測定モード+硬化コンクリート中の全塩分量
測定回数 約 10 回(0.3%Cl- / water 時)
約 20 回(0.15%Cl- / water 時)
表示法 20行液晶ディスプレー、感熱漢字プリンター
環境温度0〜40 ℃
電源 内部バッテリー(充電式)、DC12V(AC アダプター、車載のシガーライター端子)
外形寸法W325×D290×H135mm
重量 4.7 Kg(本体のみ)

構成品

標準構成品 本体(SDカード付)、ACアダプタ、シガーケーブル、酸試薬×10、標準液(0.02%・0.10%)、銀クリーナー、ピペッタ(チップ付(10個))、記録紙予備、瀘液抽出器本体、瀘液抽出器セット(コンクリ濾液容器、押し盤、Oリング×2)、濾紙(9cm)×10、収納ケース、取扱説明書(本体・抽出器)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


生コン試験機の関連商品はこちら

生コンをスクリーニングなしで、そのまま測定するため、短時間で測定可能な生コン単位水量計 W-Checker MICー138-1-02(マルイ)

生コンクリートの空気量測定器で空気量を直読操作も簡単で試験が正確にできるワシントンエアメーター C-280(西日本試験機)

モルタルフロー試験器 C-206(西日本試験機)は、モルタルのフロー試験用フローテーブルです。

練ったコンクリートのコンシステンシーを測る最も一般的な試験器具のスランプ試験器 C-273(西日本試験機)