ドップラー式車両警報システム CheckCars レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

ドップラー式車両警報システム CheckCars(日本仮設):スピード測定器:その他機器

屋外環境で圧倒的に誤作動が少ない「ドップラーセンサ」を搭載した車両検知警報システム
NETIS登録番号:HK-120036-A

任意の設定速度を超える車両を検知して、ドライバーや周囲への注意喚起を行なったり、見通しの悪い道に設置することで車両の接近を知らせます。また、車両の移動方向も識別出来るため、逆走車両のみ警報することも可能です。

万が一発生した盗難事故、人身事故、災害事故、環境破壊事故、施工上の不備及び機器のご使用方法の誤り、保守点検の不備などによる事故損害については責任を負いかねますのでご了承ください。

機種名 ドップラー式車両警報システム
型番 CheckCars
メーカー名 日本仮設
ドップラー式車両警報システム CheckCarsnew

特長

検知距離が約100m

現場出入口の車両検知に使用する場合、システムの検知距離が長いため、現場敷地内から敷地外の計測が出来ます。そのため、道路占有許可を必要としません。
(設置状況により必要となる場合もあります。)

※検知距離は車種や環境状況によって異なります。

誤作動が圧倒的に少ない

マイクロ波レーダーを使用しているため、熱、雨、霧、雪による影響をほとんど受けず、直射日光が当たっても問題ありません。

1台のセンサで接近・離反を識別

一台のセンサで接近・離反を識別できるため、センサを何台も設置する必要がありません。

設置・設定が簡単

赤外線センサと異なり反射板は不要で、設置はセンサを取り付けるだけ!また、検知速度はダイヤルを回すだけで変更でき、接近・離反の検知切り替えもスイッチ一つです。

性能

外的影響 外的影響 熱、雨、霧、雪による影響を受けにくい
検知範囲 検知範囲 検知範囲が広く、形状によらず検知可能
設置 設置 検知エリアが広い為、位置ずれ影響を受けにくい
プラスチック、
ガラス製品
プラスチック、ガラス製品 ガラス、プラスチック、アクリルなどは遮らない
メンテナンス 塵や埃がセンサの表面についても誤作動なし

仕様

検知センサ

検出方式 マイクロ波レーダー方式
検知距離 約100m
検知速度範囲 1〜200km/h
電源 AC100V
サイズ(mm) W200×H300×奥行180 ※突起物を除く

回転灯

黄、赤、青

構成品

標準構成品 センサーボックス(取り付け架台付き)、電源ボックス(取り付け架台付き)、回転灯(黄)、接点出力ケーブル、鍵、取扱説明書

オプション品

オプション品 無線ユニット

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


安全管理・対策の関連商品はこちら

車両速度を自動計測し、規制速度を感知した場合に警報(パトランプ点滅、音声)が約4秒間作動する自動車速度計測表示システム SRDL-3PS-B2(ダイナテック)

NETIS登録商品!レーザー距離スキャニングセンサーでレーザー光を面状にスキャニングすることでバリアを作り、バリアに侵入する物体を検知してオペレーターへ警報等を行うシステムレーザーバリア警報監視システム LMS211/LMS511