上部衝突防止超音波センサー パノラマHL (つくし工房) レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

上部衝突防止超音波センサー パノラマHL (つくし工房):安全管理・対策:その他機器

高所作業車のバスケットが上昇する際に構造物との衝突を未然に防ぐ装置です。

超音波センサーのエリア内に障害物が入ると、電子音にて運転者に注意を促します。

機種名 上部衝突防止超音波センサー
型番 パノラマHL
メーカー名 つくし工房
上部衝突防止超音波センサー

特長

  • 超音波センサーにより上部構造物を検知し、衝突を未然に防止します。
  • 検知距離の設定を1m・1.5m・2mの3段階に切替可能です。
  • 超音波センサーの取り付け、取り外し、角度調整が簡単にできます。
  • 電子音は3段階に分かれており、設定した検知距離内に障害物が入ると「ピーピー」・「ピッピッピ」・「ピー」の音で残りの距離を判別できます。
  • バスケット内のフットスイッチと連動させた場合、スイッチを踏むとセンサーが働きスイッチから足を離すとセンサーが停止します。

検知時の電子音

最大検知距離 2m・1.5m・1m 切替可能

センサー検知範囲

※本製品は安全確認の補助用品であり、万一事故・災害が発生してもその責任を負いかねます。

使用方法

  • センサーを適切な位置に取り付け、角度を調整します。
  • コントローラーを操作盤の上に設置します。
  • 外部出力ケーブルを、フットスイッチと連動した接点に接続します。
  • 通電の状態とセンサーの距離、電子音等を確認して作業を開始してください。

コントローラーとセンサー

  • コントローラーはマグネット付きで、バスケット内側面への着脱が容易です。
  • センサーは、クリップで確実に固定してください。
  • 用途に応じて検知距離の切替が可能です。(2m・1.5m・1m)
  • コントローラーは防塵・防滴構造です。

注意点

超音波警報センサー(パノラマシリーズ)の重機への取り付け

センサー部の取付けは、重機の機種によって困難な場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

パノラマシリーズの防水構造について

防雨構造ですが、完全防水ではございませんので通常雨中での使用には問題はありませんが、水道ホース、ウォータージェットでの洗浄は厳禁です。(水が中に入る原因となります)

仕様

センサー 反射式超音波センサー(検地距離2m以内)
使用電源 コントローラー:DC12V/24V 兼用
報知機能 電子音鳴動(音量調節不可)※外部有電圧出力DC(電源電圧と同圧)

構成品

標準構成品 センサー(5mケーブル付)、コントローラ(5mコントローラケーブル・2m電源ケーブル付)、制御ケーブル(0.2m)(コントローラケーブルに付属)、電源接続用ケーブル(2m)、赤LED回転灯(0.3mケーブル付)、取扱説明書


Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


安全管理・対策の関連商品はこちら

車両速度を自動計測し、規制速度を感知した場合に警報(パトランプ点滅、音声)が約4秒間作動する自動車速度計測表示システム SRDL-3PS-B2(ダイナテック)

NETIS登録商品!レーザー距離スキャニングセンサーでレーザー光を面状にスキャニングすることでバリアを作り、バリアに侵入する物体を検知してオペレーターへ警報等を行うシステムレーザーバリア警報監視システム LMS211/LMS511

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト