コンパクト赤外線放射温度計SRT-300レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

コンパクト赤外線放射温度計 SRT-300(酒井重工業):赤外放射温度計:測光・赤外線温度測定器

アスファルト舗装での路面温度の連続計測を安全に!
NETIS登録番号:KT-100107-VR

アスファルト舗装では、合材温度と転圧のタイミングはとても重要です。SRT-300は路面温度の連続計測を安全に出来る様に開発されました。

機種名 コンパクト赤外線放射温度計
型番 SRT-300
メーカー名 酒井重工業
SRT-300new

特長

適切な転圧タイミングをズバリお知らせ!

・オペレータへの施工開始の適温表示ができます
・施工中も安全に転圧温度を連続表示します
・適温外ランプ通知機能で、施工の効率をアップ

モニタは運転席で簡単確認可能!

コンパクト赤外線放射温度計 SRT-300

・昼夜を問わず、視認性の高い液晶を採用
・P67と強靭な防水性能は、過酷な現場でも安心です
・シャットダウン機能1とホールド機能2で、便利に使えます
・3つの設定ボタンで操作も簡単楽々です

※1 シャットダウン機能とは、モニタ表示を一時的に停止する機能
※2 ホールド機能とは、表示温度を一時的に止めて確認可能な機能

小型軽量のセンサでラクラク取り付け!

・マグネットマウントや、パイプマウントに対して角度調整が容易にできます
・IPX2相当のセンサは、通常の雨では問題なく作業可能です※3
・使用後はワンタッチで取り外せ、盗難防止対策も問題ありません
・使用後は専用ケースに入れて保管可能です

※3 赤外線式放射温度計は、構造上レンズ部は、解放のため場合によっては雨水は侵入してしまいます。
しかし路面に向けられた状態では、通常の雨では入りにくい構造です。洗車時は、必ず取り外す様にご注意ください。

       
コンパクト赤外線放射温度計 SRT-300コンパクト赤外線放射温度計 SRT-300

よくある質問

適切な合材温度と転圧のタイミングとはなんですか?

一般的なアスファルト舗装に関する温度管理では、アスファルトフィニッシャで敷きならされたアスファルト混合物の温度は、平坦性を確保するため、110℃を下回らないようにしています。
初期転圧は、鉄輪のロードローラで踏み固めて安定させます。アスファルト混合物の温度は、110〜140℃の時に施工します。
二次転圧はゴムのタイヤを持ったタイヤローラを用います。二次転圧終了時のアスファルト混合物の温度は、70〜90℃です。
転圧終了後舗装表面の温度が、約50℃以下となってから交通解放します。 これは、交通解放直後のわだち掘れなどの舗装初期変化を抑制するためです。


仕様

測定温度範囲 0℃〜300℃
応答時間 100ms
測定径/測定距離 Ø95mm/1m
精度定格 300℃未満:±3℃
測定波長 8〜14μm
装置構成 センサおよびモニタ 一式
電源電圧 12〜30V
外形寸法 センサ:H162×W32×L145mm
モニタ:H195×W70×L110mm
取付方法 標準:マグネットによるワンタッチ取付方式
(マグネットを取外し、ブラケットによるパイプクランプも可能)
耐環境性 センサ:IPX2相当/モニタ:IP67

構成品

標準構成品 本体(センサ@、モニタA)、パイプマウントB、電源ハーネスC、センサ用ハーネスD、モニタ用ハーネスE、シガープラグケーブルF、タップケーブルG、アースケーブルH、コネクタケーブルI、落下防止ケーブル(x2)J、取扱説明書K、ケースL
コンパクト赤外線放射温度計 SRT-300

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


その他オススメ測光・赤外線温度測定器レンタル関連商品

デジタル照度計 T-10
デジタル照度計
T-10

LED照明などの光量調節に用いられるパルス幅変調調光に対応した照度計

マルチ型ガス検知器 XP-302M-A-4
赤外線サーモグラフィ
R300

熱画像、可視画像、合成画像の動画が同時に録画可能

硫化水素測定器 ToxiRAE Pro(H2S)
色彩色差計
CR-410

物体の色や光を計測して数値で表し、色と色の微妙な違いを表すことも可能

毒性ガスモニター(二酸化硫黄) SC-01(SO2)
分光放射照度計
CL-500A

照明光源の演色性評価測定に最適な小型・軽量の分光放射照度計