コンクリートモルタル水分計 HI-520-2 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

コンクリートモルタル水分計 HI-520-2(ケツト科学研究所):コンクリートモルタル水分計:水分計

検出部を測定対象に押し当てるだけで水分測定可能! 防水工事や内装工事、塗装工事等の施工現場でご使用いただけます。

人工軽量骨材コンクリート、石膏ボード、コンクリート、ALC、モルタル、ケイ酸カルシウム板の材料を選択すると水分値(%)が表示されます。前モデルに比べ、画面サイズは大きく、バックライトが搭載され、より使いやすくなりました。

機種名 コンクリートモルタル水分計
型番 HI-520-2
メーカー名 ケツト科学研究所

コンクリートモルタル水分計 HI-520-2
コンクリートモルタル水分計 HI-520-2

特長

小型・軽量のハンディタイプ

分検出部を空中に向けて電源を入れ、対象に押し当てて測定し、測定結果をホールド表示させる、といった一連の測定動作すべてを片手で、確実・簡単に行えます。

バックライト付き液晶画面を搭載

従来器HI-520に比べ画面サイズが大きくなり、新たに搭載されたバックライトにより、暗い場所での水分測定が容易にできるようになりました。

ユーザー目盛作成機能

測定対象に含まれていない材料でも、ユーザー目盛を作成することで水分管理が可能になります。目盛は8本まで保存できます。

水分値と高周波容量の表示が可能

Dモードの測定では、高周波容量と相関のある0〜1999の 値を表示します。本器より採用したSモードの測定でも高周波容量と相関のある数値を表しますが、こちらは、測定深度が比較的浅めの水分を測定し0〜1100の値を表示します。

測定対象/モードと機能一覧

測定対象/モード 温度補正 アラーム ホールド 板厚選択
人工軽量骨材コンクリート -
石膏ボード
コンクリート -
ALC -
モルタル -
ケイ酸カルシウム板
複合モード
(Dモード・Sモード)
- - -
ユーザー目盛(0〜7) - - -

※石膏ボードとケイ酸カルシウム板は板厚選択が必須です。

よくある質問

データの保存や出力はできますか?

本機器でのデータの保存や、PCへの出力などはできません。


仕様

測定原理 高周波容量式(20MHz)
測定対象 人工軽量骨材コンクリート、石膏ボード、コンクリート、ALC、モルタル、ケイ酸カルシウム板
測定範囲 人工軽量骨材コンクリート 0~23%
石膏ボード 0~50%
コンクリート 0~12%
ALC 0~100%
モルタル 0~15%
ケイ酸カルシウム板 0~15%
Dモード 0〜1999
Sモード(複合モード時のみ) 0〜1100
機能 温度補正、バックライト、水分上限アラーム設定、ホールド、ユーザー目盛(8本)
測定精度 ±0.5%(コンクリート・モルタル)
表示 デジタル(LCD)
電源 電池9V(006Pアルカリ)×1
消費電力 350mW
寸法 72(W)×146(D)×118(H)mm
重量 0.39kg

構成品

標準構成品 本体(9V電池×1)、収納ケース、取扱説明書

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水分計の関連商品はこちら

乾燥による質量変化量を自動チェックし、乾燥終了を判断するので、正確かつ迅速な測定ができる赤外線水分計 FD-720(ケツト科学研究所)

高周波式で、木材表面を傷つけることなく軽く押し当てるだけで測定できる小型・軽量の木材水分計 HM-520(ケツト科学研究所)です。

あらかじめダイアルをセットして測定箇所に軽く押し当てるだけで測定できる高周波容量方式のコンクリートモルタルALC水分計 HI-520(ケツト科学研究所)です。