GPS対応型精密音響測深機 TDM-BU-F レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

GPS対応型精密音響測深機 TDM-BU-F(タマヤ計測システム):音響測深機:水文観測測定機器

TDM-BU-F(フルタイプ)

階調表示、ステップ式紙送り速度、縮尺の追加など、記録部の性能が向上し、より使いやすくなりました。また、GPS測量機との同期性もアップし、GPS深浅測量向きです。

機種名 GPS対応型精密音響測深機
型番 TDM-BU-F
メーカー名 タマヤ計測システム
GPS対応型精密音響測深機 TDM-BU-Fnew

音響測深機に関するよくある質問はこちら

特長

サーマルヘッド+感熱記録紙
慣性の影響による記録の変動がなく、同期誤差が発生しません。
記録紙上に自動印字
時刻、水深値、レンジ、音速補正値、縮尺などをプリントできます。
小型軽量のコンパクト設計
重さわずか7kg
音速度補正
バーチェック時の設定深度の音速補正値を登録しておけば、自動補正できます。
深浅測量用データコレクタTDC-9BとBluetooth接続
ケーブルレスで測深データの取り込みができます。
見やすいデジタル深度LED表示
見やすいデジタル深度表示
低消費電力設計
内蔵バッテリで連続6時間稼動可能。自動車用バッテリも使用できます。
時間マーク印字機能
記録紙に時間マークを印字、外部出力できます。
自動シフト/手動シフト
自動シフトの場合、シフト範囲が印字され、記録紙幅の大小を感じさせません。

仕様

モデル 標準仕様
TDM-BU-F(フルタイプ)
記録縮尺 1/100  1/200
測定範囲 アナログ 送受波器下から0.65〜100m(平坦時)
デジタル 送受波器下から1.00〜100m(平坦時)
測定精度 ±2cm±水深×1/1000
記録紙 感熱記録紙 幅112mmx長さ25m
目盛り線 10cm、1m(1/100縮尺時)
紙送り速度 15、30、45、60、90、120、240、360mm/分
送受信周波数 200KHz±3KHz
送受波器の指向角 半滅全角 約6度
感度調整 自動調整(手動調整可能)
音速補正 1300〜1599m/sに対し、1mステッブ切り替え
吃水調整範囲 0.0〜9.9m
記録紙上印字出力 時刻、水深値、音速補正値、縮尺等 印字可能
深度出力 RS-232C 連続、4800BAU 8BIT STOPBIT2(通信条件変更可能)
LCD表示部 時刻、水深値、レンジ、音速補正値、吃水値、感度値
LED表示部 深度表示(m)
Bluetooth接続機能 あり
使用電源 DC12V(内蔵バッテリまたは外部バッテリ)
消費電力 12V 0.65A
使用時間 連続約6時間
外形寸法 391W×257H×147D mm
重量 7kg(バッテリ内蔵)
付属品 送受波器、舷側金具、充電器、遠隔固定線押釦ケーブル、記録紙5本

構成品

標準構成品 本体(内蔵バッテリー)、舷側金具、リモートマーカー、充電器、外部バッテリーコード、予備記録紙、データ転送ケーブル(RS-232C)、送受波器(パイプ固定用ネジ4個付)、送受波器収納袋、チェックバー、収納ケース、取扱説明書

GPS対応型精密音響測深機TDM-BU-F:タマヤ

  • (1)送受波器 タマヤ送受波器はバーが二つ折りになるので収納が簡単です。ライトバン・乗用車に無理なく収まり、スペースを取りません。
  • (2)(4)舷側金具 タマヤ舷側金具は、ほとんどの小型船舶の舷側に合うように設計されています。ボルト2本で簡単に取り付けができます。
  • (3)チェックバー タマヤチェックバーは、「バーチェック法」により、音速補正値を算出するときに使用します。

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水文観測測定機器の関連商品はこちら

深度センサーと水温センサーが装備しているので、測定水深が確認できるほか、水温の鉛直プロファイル測定としても利用できる直読式電磁流向流速計 AEM213-D(JFEアドバンテック)

河川調査用のデジタル式プライス流速計 KCD2/UCM1(神山製作所)。円錐状カップの回転に検定の係数をかけて、平均流速をデジタル表示。

水位と雨量を同時に測定するためのEメール式水位・雨量測定装置 KADEC21-MIZU-N2(ノースワン)

見やすいデジタル深度表示モニターが追加したGPS対応型精密音響測深機 TDM-9000B(タマヤ計測システム)

リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録するRTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO(アカサカテック)