マイクロ波ドップラー式非接触型流速計 RYUKAN WJ7661-S2 レンタルのご紹介です。

  • 機器一覧
  • シーン別機器活用
  • 初めてご利用のお客様へ
  • よくある質問
  • 会社案内
  • お問い合わせ・資料請求

マイクロ波ドップラー式非接触型流速計 RYUKAN WJ7661-S2(横河電子機器):流速計:水文観測測定機器

河川砂防技術基準(調査編)に標準手法として採用されています。
新技術情報提供システム
NETIS登録番号:KT-130072-A

RYUKAN WJ7661-S2は、マイクロ波ドップラー方式の非接触型流速計です。小型で軽量な本体を三脚に取り付け、測定箇所に電波を照射するだけで、離れたところから流れに触れず安全・簡単に流速を測定できます。マイクロ波を使用しているため、温度・風雨・霧といった天候や視程障害の影響を受け難く、安定した測定が可能です。

機種名 マイクロ波ドップラー式非接触型流速計 RYUKAN
型番 WJ7661-S2
メーカー名 横河電子機器
マイクロ波ドップラー式非接触型流速計 RYUKAN WJ7661-S2

流速計のよくある質問はこちら

特長

安全かつ迅速な流量観測が可能

マイクロ波ドップラー効果による非接触方式を採用。
流れに触れない場所から、安全かつ迅速、連続的に測定できます。

内蔵バッテリーで約5時間の連続測定

アルカリ乾電池6本で、約5時間の駆動が可能。
外部バッテリーにも対応していますので、5時間以上の観測にも対応できます。

測定データはUSBに格納

データはCSV形式で格納されるため、市販の表計算ソフトで編集や印刷が簡単に行えます。

小型・軽量で設置が簡単

質量は電池を含めて約2kg。三脚に乗せるだけですので持ち運びや設置も簡単です。

無線免許不要

電波特定小電力を採用しているため、申請や免許は必要ありません。
機器が到着してすぐにご使用いただけます。

使用映像


REXのYoutubeへ

用途

安全な場所から非接触で測定可能なため、観測員に危険が伴う河川の中・高水流量観測に有効です。

よくある質問

三脚はどのような三脚でもよいですか?

最大積載2kg以上で、機器固定ねじがUNC1/4の三脚を使用してください。
自由雲台よりも横・上下が別々に動くカメラ雲台が使いやすいですよ。


単3の充電電池は使用できますか?

公称電圧1.2VのNi-MHやNi-Cd電池であれば使用できます。
ただし、アルカリ乾電池の放電終止電圧を基準に設計してあるため、
二次電池を使用した場合はそのエネルギーを十分に使いきることができない場合があります。


データ数が65,500を超えた場合はどうなるのですか?

古いデータから順に削除され、新しいデータが記録されていきます。
データがいっぱいになっても計測は止まりませんのでご安心ください。


計測時の注意点を教えてください。

土砂降りの雨の中では、雨がカーテンの代わりとなり、音波を遮断するため正常な計測が出来ない場合がございます。ご注意ください。


河の中の流速測定は可能でしょうか? 

出来ません。RYUKANでは川の表面の波に超音波を当て、跳ね返ってきた結果で川の表面の流速を検出しています。
川の中の流速を見る場合は、センサーを水中に設置する下記の流速計をご検討ください。
河川用電磁流速計 AEM1-D
直読式電磁流向流速計 AEM213-D


仕様

本体
測定方式 マイクロ波ドップラー式
使用電波 N0N 24.15GHz 7mW typ.(特定小電力機器) ※1
アンテナ ホーンアンテナ、半値角 約12度
計測範囲 0.5 m/s 〜 20 m/s ※2
精度定格 ±(計測値の 2%±0.05 m/s) ※ 電気的な擬似信号入力にて
分解能 0.01 m/s
計測時間 1、2、5、10、20、30、60secから選択設定 ※3
移動平均 なし、10、20、30sec、1、2、5、10minから選択設定
記録周期 1、2、5、10、20、30、60secから選択設定
データサンプリング 0.5sec
計測角度 俯角 20 度〜 45 度,偏角 0 度〜 20 度
俯角の自動補正機能内蔵
計測距離 20 m 以下(対水面間) ※2
表示 モノクロ液晶 128×64ドット、LEDバックライト付
内蔵時計 月差 約60秒(23℃の場合),リチウム電池バックアップ
使用環境 −10℃〜+50℃ ※5
保存環境 −20℃〜+60℃
保護構造 IP55
外形寸法 160(W)×140(H)×302(350max)mm(D) ※突起物を含まず
重量 約2.4kg ※アルカリ乾電池を含む
データ記録
内蔵フラッシュメモリ 最大65,500データ
USBメモリ 回収/直接記録
インターフェース
USB2.0 対応デバイス:USBメモリ ※4
RS-485 テキストデータ出力
電源
内蔵バッテリー 単三型アルカリ乾電池(LR6) 6本  連続使用時間 : 約4.5時間 ※6
外部電源入力 DC10.8V〜16.5V
消費電力(外部電源使用時)
計測時 最大250mA DC12V(RS-485未使用時)
最大300mA DC12V(RS-485使用時)
USBメモリ書き込み時 最大500mA DC12V
電源OFF時 最大7mA

※1 認証番号は本体内部に記載してあります。
※2 水面の状態により異なります。
※3 河川の場合、20秒以上の使用を推奨します。
※4 標準付属品のUSBメモリの使用を推奨します。
※5 USBメモリを接続する場合、0℃〜+50℃になります。可搬型のため、長期間に及ぶ屋外設置は避けてください。
※6 USBメモリ未使用、RS485未使用、バックライト消灯、23℃にて。

外形図

マイクロ波ドップラー式非接触型流速計 RYUKAN WJ7661-S2

構成品

標準構成品 本体、雲台、照準器、音叉、外部電源ケーブル、USBメモリー、外部出力用ケーブル、キャリングケース、取扱説明書

オプション品

オプション品 三脚(平頭細管三脚LY)

Page Top

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

レックスはさまざまなジャンルの計測器・測定器のレンタル機器を取り揃えております


水文観測測定機器の関連商品はこちら

深度センサーと水温センサーが装備しているので、測定水深が確認できるほか、水温の鉛直プロファイル測定としても利用できる直読式電磁流向流速計 AEM213-D(JFEアドバンテック)

河川調査用のデジタル式プライス流速計 KCD2/UCM1(神山製作所)。円錐状カップの回転に検定の係数をかけて、平均流速をデジタル表示。

水位と雨量を同時に測定するためのEメール式水位・雨量測定装置 KADEC21-MIZU-N2(ノースワン)

見やすいデジタル深度表示モニターが追加したGPS対応型精密音響測深機 TDM-9000B(タマヤ計測システム)

リアルタイムに船舶の航跡・水深断面図をパソコン画面に表示するとともに、データを記録するRTKGPS深浅測量システム GPMate-ECHO(アカサカテック)

レンタルカートを見る

レンタル機器リスト